化粧水、乳液は必須!!

私は元々アトピー性皮膚炎でとても肌が乾燥してしまいます。

冬場は特にですが夏場でも乾燥しています。

化粧水や乳液は敏感肌用のもので小さい頃から同じものを使っていて他のものは肌に合わないためそれしか使えません。

お風呂から出た後や洗顔後は必須で少しでもそのまま放置してしまうと肌がパリパリになってすごくつっぱります。

また、同じメーカーのものでも季節に合わせて変えています。

私も知らなかったのですがいつもカウンセリングしてくれる美容部員の方が教えてくれて季節に寄って乾燥にもいろいろと種類があるみたいでそれに合わせて化粧水と乳液を選んでもらっています。

また、敏感肌のため日焼けをするとすぐに赤くなって炎症を起こしてしまうので日焼け止めは常に塗るようにしていて運転中でもアームカバーをしたり紫外線が強い時は帽子をかぶるようにしています。

食事や睡眠にも気をつけていて食事は絶対に毎食野菜を摂るようにしています。

外食する時でもできる限り野菜が入っているメニューを1つは頼むようにしています。

睡眠は少しでも多く寝れるように夜更かしはしずに帰ってきてできるだけ早く寝るようにしています。
また、質にもこだわっていてしっかりした睡眠を取れるようにある程度体を疲れさせてぐっすり寝れるようにしています。

若いときにはわからなかった肌の悩み。

私がメイクを始めたのは人より少し遅く、25歳くらいでした。

もちろんTPOにあわせてメイクする時はありましたが、毎日はしてませんでした。

そのせいなのか日焼け止めクリームすら塗ってなかった40代前半の今の私の肌は、少しシミが多い気がします。

これが目下の肌の悩みで、とりあえず増やさないようには気をつけています。

お手入れ方法はオーソドックスに、朝晩洗顔後に化粧水と乳液をしていて、季節の変わり目など調子が悪いときや乾燥するときなどは、必要に応じたパックをします。

美容液やクリームはあまり使いません。

お肌のお手入れに関する情報は目に入ったらチェックしますが、化粧水はたっぷり使えと書いてあったり、やり過ぎは良くないと書いてあったり、結構逆のことを目にするのであまり信用しすぎず、自分の肌が欲しがっていると感じる物を与えています。

そのために化粧水と乳液を使う時には自分の肌の状態の確認です。

化粧水をコットンにとって使う人もいるかと思いますが、私は断然手をおすすめします。
自分の手で肌に触ることによって浸透効果も増しますし、化粧水が肌にどれくらい入っているかも感じることができ、持論ですが、パックのような気持ちよさもあります

その後はいい状態の肌を守るために乳液をかぶせ、軽くマッサージをして終了が基本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする