忙しい朝でも手軽で簡単、時短スキンケア

30代にもなると、若い頃にはなかったシミやそばかすが手強くなります。

カバー力のある美白コンシーラーで多少隠すこともできますが、シミやそばかすを消す根本的な解決にはならず、化粧品の塗りすぎは色素沈着の原因にもなるため、
まずは乾燥だけは気を付けるように潤いのケアを欠かさないようにしています。

起床後、まずは睡眠中に浮き出た余分な油分を落とすため、「菊正宗の日本酒の洗顔料」もしくは「ロゼットのM洗顔」を使っています。

洗顔用ネットでよく泡立てやさしく洗顔し、泡の落とし残しを気を付けながらたっぷりと化粧水をはたきます。

化粧水はたっぷり使える「ハトムギエキス配合化粧水」の大きいボトルを利用しています。

肌が化粧水を吸い切ったあとに、イプサの「バリアセラム」美容液を気になるポイント(目の下のシミそばかす、法令線)によく塗り込んで、美容液が浸透しきるまでに髪の毛のケアや着替えなどを済ませます。

美容液が浸透したあとは乳液・クリームを塗って、化粧前のスキンケアは終了です。

乳液には豆乳イソフラボン、クリームにはマダムジュジュを使用しています。

特にマダムジュジュは、この手のクリームの中では特に香りが良いため、好んで利用しています。

乳液・クリームが浮いた状態で化粧を初めてしまうと、保湿しきれない状態で乾燥した部分に化粧品が触れてしまい、時間が経つと化粧そのものがヨレてきてしまうため、お化粧にかける時間よりもその前のケアに時間を使うように心がけています。

着替えや髪のケア・セットと組み合わせて朝の支度を順序良く進めれば、肌に浸透するまでの余計な待ち時間も発生せずに十分なスキンケアが行うことができると考えています。

美肌の源は内側から。外側は手入れし過ぎず、あえて自然に。

今の世の中にはいろんな化粧品が溢れています。

美白に特化したものや、保湿に特化したもの、エイジングケアを謳うものなど。

だけど、いったいどれがどのように良くて、自分にどんなメリットを生んでくれるのか、実際使ってみて、しかも比べてみないことには分かりません。

さらには、シリーズ一式を揃えるとなると、料金も馬鹿にならないし、手間も増えて毎日続けるには、けっこう苦労します。

めんどくさがりな私には向いていません。

そこでたどり着いた肌ケアは、内側からキレイに、外側は自然に。

です。

内側からというのは、食べるものに気をつけることです。

なるべく野菜、果物は毎日食べるようにし、特に意識するのは発酵食品をとることです。

発酵食品と言われるものだったら何でも構いません。

出来ればヨーグルトばかり、とか、納豆ばかり、ではなく、なるべく色んなものを組み合わせてとるようにすることで、腸内環境が整い、自然と肌荒れしなくなります。

寝る時間がバラバラで深夜に夜食を食べることもしばしばですが、おかげで肌荒れ知らずになりました。

もともとの肌の調子が良ければ、外側につける化粧水もさほど値の張るものは必要なくなり、平均より少し休めのコスメを使っています。

もともと油脂肌だったので、一応オイルフリーを使っていますが、洗顔後は化粧水と保湿液のみ。

美容液や乳液なども使いません。

それでも化粧ノリが良く、逆に自然でいることが、肌のストレスを取り除くことにつながっていると思います。

ストレスを抱えないこと。

これが何より美肌の秘訣です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする